Skip to main content

Posts

Showing posts from March, 2005

青りんごのような

今日はご招待でスザンヌ・ヴェガのライブを。

ヒット曲のLUKAとTom's Dinnerしか知らなかったけど、
ライブがとてもとても良くて嬉しい驚き。

Vo.+ギター+ベースのみのシンプル構成。
時にギター&Vo.、時にアカペラ。
彼女のきれいな声と発声で歌詞もよく聞き取れたので、
スザンヌ・ワールドに引き込まれつつ最後の曲がなんていうのか
知らないけれど、私の好きな感じの世界観とサウンド感で
ココロ一時、リラックス。

my pace is slow pace but nice pace

来月あたりからとあるスポーツをはじめようかと思い立ち、
ここ最近ストレッチ&なんちゃってヨガをしている。

---

高校生の時、テニス仲間の間でなぜかヨガがはやっていたので
その頃にある程度のヨガポーズは習得はしている。
なので、妙な具合で体が柔らかいのですが、今度はじめようと
思っているスポーツはなんといっても足技が決めてなので、
開脚180度が必須。

---

人間って素晴らしい。
全然開脚できなかったのに、毎日続けているとそれなりにできてくる
もので。
まだまだ理想には遠いですが、頑張るぞ。

---

そしてこの春から新しく色々と音楽活動なども再開したいな、と。
言葉とか声とかメロディとかハーモニーとかリズムとか。
赤いとか青いとか丸いとか四角いとか。

なんで私のところなわけ?

私の住んでいる集合住宅で水道管の工事をしている。

数日に渡り施工するらしいのですが、夕方工事も終わった後
今晩、急に私の部屋の水道管が破裂して大変なことになった。

物凄い勢いの水がフラット中にバサバサと流れ出し、
玄関先のあまりの水の勢いに私は部屋から出ることもできず
管理人さんに電話。

10分ほど放水された後、やっと管理人さんがバルブを止めて
とりあえず水が止まった。

・・・その間、他の部屋の人たちがわさわさと出てきてくれて
どうにかしようと助けてくれたので、とても心づよかったのですが、
自分のせいでもないのに、なんだか騒動の原因がたまたま自分の
部屋の水道管だったので、なんとな~くこのサッカー観戦の貴重
な時間に、申し訳ない気持ちになる。

パジャマ姿の人たちがわさわさしてたのが、
なんだかちょっと面白かったかも、なんて思うのは不謹慎でしょうか。

でも、今度何かほかでハプニングがあるときは、率先して手伝おうと思います。
とはいえ、ご近所のみなさん、どうもありがとうございました。

道の途中

元サブカルっ子だった私。
学生卒業と共に、サブカル系文化からは離れてしまったけれど
たまにふと、その頃の音楽テープだとか、楽譜だとか、雑誌の
切り抜きだとかに触れたりする。

確実に今の私の美学的基礎なんだなぁ、と恥ずかしながら思う。

一時期、そういうエロ・グロ・ナンセス的なものを自分の中で封印
していたけれど、あれらは確実にマイ★ファンタジーだった。
キラキラ輝くというよりも、もっとスクエアなイメージだけれども、
例えば鉄工場のようなロシアンアヴァンギャルドな世界で、
ピカビアやフランス六人組のヘンテコ且つ躍動感のある世界で、
伊福部昭の民族音楽的ハーモニーの世界で、
自分的にはキラキラ・ヒラヒラ・グルグルした世界を
スイスイ・バシャーンと泳いでいたように記憶する。

そして今は、正しく全うで素直で優雅に輝くイメージを探求中。

人の歩む道というのは面白いものです。

微調整な時間

久々に旧友に会ってぽかぽか陽気の中で軽くご飯やら
買い物やらでのんびりした連休。

かれこれ10年くらいにもなると、お互いにいいところも悪いところも
知ってる上でやっぱりいいね、ってことで気兼ねがなくて心地よい。

今年に入ってからいつも多忙感がある毎日だったので、
久しぶりに本当に気楽な時間。

逆に来週から自由時間がドッと増えるので、その間にやりたいこと
を考えて、自分を程よく制御しながらちゃんとしよっと。

淡々と活動的なイメージ

久しぶりにイベントへ。
以前、自分も携わっていたイベントが、2年ぶりに復活。
でも、これが最終回。
いつものメンバーが集まって、なんだか懐かしいような。
凄く人が集まって面白かった。

--

たくさんの人の中でも、波長の合う人、そうでない人がいて、
それも面白く。
得てしてそういう人だかりの空間の中では、
波長の合う人と長い間一対一で話すことは案外なく、
程好い距離で程好い会話。

--

来週行われるナイキのブラジルイベントのご招待を頂いた。
出演面子も豪華で楽しみ。

--

時同じくして、友人が渋谷にてBARを開店。

--

春らしい気候の週末。
のんびりと。
来週から頭をクリアにしてこれからの直感に
更に磨きをかけながら、
時の流れを色とりどりに。

感と観と勘を。

実は先週、寝る時間もないほど忙しく。。。

やっとやっと今日になって一段落。
急に普通の時間の流れになり、
とても安らぎを感じる。

---

しばらくはゆっくりとのんびりして、
春の訪れを楽しみながら、
時を過ごして生きたい。

---

いつも感じること。
好きや嫌いがあること。

音、さまざま

Sam Prekopのセカンド
"Who's Your New Professor" を入手。

あ~やっぱりいい感じでした。
ジャケも好きなんだよなぁ。この人のデザインの。
シー&ケイクより、断然ソロの方が好き。

最近は、Inger Marie Gundersen も夜によく聴く。
ノラジョーンズっぽいけど、もう少しアンニュイな感じ。

ショップでセールになっていた solfland の"ONE IS A VERY SMALL CROWD"
もよく知らないで買ったけれど、バロック風味が効いて
好み。

猫旦那とハート

Bjorkの新作、Triumph Of A Hear のPV
とっても好きかも。

今までの凝った作りではない感じで、
カジュアルにかわいくて、
でもビョークっぽい。

アイスランドの町で撮ってるみたいなのですが、
知ってる人やお店や風景が出ていて
「あー、また行きたい。行けるように頑張ろう」
なんて思ったわ。

---

今日は忙しい仕事の合間に、今週末愛知EXPOで
アイスランド音楽を紹介のスピーチをする友人A君と
一緒にスピーチ原稿を考える。

それと、めちゃくちゃアンダーだけど、A君の友人
OZYの未公開音源も聴かせてもらった。
ブレイクビーツ+ちょっとノイズ、だったり、+ちょっとファンク
だったり。

before spring

ここ最近、お世話になった人の訃報や、
あまり良くないニュースをきいて
心が痛みます。

毎日、健康に平凡でも平和に生きるということ。
それはとてもかけがえのないことなんだなぁ、
と改めて思う。

そんな中で色々と悩めることはあるけれど、
それはとても小さいことなんだなぁ、
と改めて思う。

そう思う瞬間、自分が自分でないような、
否、
自分が確かに唯一の自分でいるような、
そんな感覚になる。

春が来るまえの、
少し静かで沈んだ時間。

明日は雪になるそうです。