Skip to main content

Posts

Showing posts from May, 2008

10周年

今週はイベントが重なりちょっとお疲れ様です。

細野晴臣&ザ・ワールド・シャイネスが始動しつつ、
デイジーワールドが再開。
そのコンベンションを見に行きました。

細野さんや鈴木総一郎さん、越美晴さん・・・
みなさん永く音楽を愛しながら活動をされているわけですが
素晴らしい・・・
継続というのは簡単なようでいて非常に難しい。
維持するのはプラスの力が必要で
向上するのは更なるプラスの力が必要なわけで。

--

美空ひばりさんの映像上映会にも参りました。
演歌、という認識が強いかもしれませんが
ジャンルはどうでもいいんです。
やっぱり凄いシンガーです。
人を一瞬でひきつける力
ひきつけた後も、もっともっとひきつけられる力。
そして、大変にお茶目。
感動しました・・・ 

--

そんなこんなで、邦楽を堪能しましたが
昨日は最後にアルニ君にも背中を押され
今年も10月中旬、アイスランド行き決定★
2008年は、アイスランドエアウェイブス10周年ですからね。

最近、”10年”という言葉によく出会う。
10年継続するということは
ひとつの深い芯が樹立できる時間。
小さな積み重ねも
10年重なると
不動の何かがそこに垣間見れる。

祝☆来日

GW前半は読書と最近はじめたと勉強(!)で
割りとのんびりしてましたが
後半はあちこちでかけておりました。
アイスランドからアルニ君が2年ぶり(?)
に東京へ留学でやってきたということで
とある日の午後、一緒にご飯を。
去年の10月にレイキャヴィクで会ったので
半年振りの再会ですね。







今回の留学期間は長期のようなので
またゆっくり遊びましょう☆

余韻的佇まい

最高の静けさと無関心な態度
完全な有機的存在を美しいと呼ぶのは、
その姿を見たときに
この生物は望みさえすれば
その四肢全てをすぐにも
多様且つ自由に使いこなすことができると
想起できる場合、
つまり、美の最高の感情は
信頼や期待の感情と結びついている。

"美は自由を伴った完全性であるという理念は、どれほど有機的自然に適用されうるか" ゲーテ(引用)
その決定的瞬間の一歩手前の静けさ
そしてその後のまどろみ先の一秒を
相互に作り上げる
多様な関係性は多様な結果へ

自由とムード。
可能性はどのようにもいかようにも。
あなたの、わたしの、お好きなように。
やがては清閑につながるような
夢見心地を、いまも。