Skip to main content

Posts

Showing posts from July, 2009

血液型

自分の母子手帳には
『A型』
とありましたし、家族、親族みーんなA型だったので
ずっとA型だと思って生きてきました。
が、6年ほど前に検診で採血をされ
『O型』
と判定され、新たな人生が始まったと思ってはいたものの
心のどこかで「やっぱりA型なんじゃないかな?」
と思っていました。

先週、採血検診ついでに何型かもう一度調べたところ
『O型RH+』の判定が出たので
やっぱりO型なんだ、と今回はしっくり納得。

どうやら、生後1年までは正しい判定ができない場合もある、
とのことです。

母親からは
「あなただけちょっと変ってる、と思ったけど、なるほどねぇ~」
と言われました。

確かに・・・
実家族のメンバーは皆、A型らしい性格をしているので
私だけちょっと浮いてはいました(笑)。

そんなこともある、という話。

肯定の工程

今週もまた風邪を引いてしまった(涙)
6月の体調不良は結局原因がわからずでしたが
今回は完全に風邪と判断できてスッキリした気分(笑)

先週は以前の職場のOB会があったのでした。
この会は、去年、偶然、上司と私がばったり再会した時から
順調に3ヶ月に1回のペースで開催。

3ヶ月。

物事の変化は3を基準に変化していくという
個人的な経験値が私にはありまして。
(『3の法則』ともいいますが)
今回のOB会でも新しい仕事についた人がいたり
寄り添ってくれる人に出会ったりと
報告ネタが満載でした。

では、私にはこの法則が当てはまっているのだろうか?
と、よくよく考えて見ますと・・・

丁度この時期、”3年”という節目を感じるタイミングでした。
5月にその節目の兆候がやってきたので
その節目以降の方向が定まるのが
きっと、今月7月にやってくるような。

この法則も、理論的な根拠があるわけではなく
単に今までの経験値に則っているだけなので
何がどうなるかは分からないのですが
何かが変る、もしくは、何かを変える、といったことが
訪れるような予感がします。
そう、自分の方向・志向もさることながら
周辺事象もそのように流れていく予感。
この2つの要素がピッタリ合わさると
その変化が必然だと感じることができる。