Skip to main content

Posts

Showing posts from July, 2006

一息つけたと思ったら、少し風邪気味

last.fm、遂に日本語ヴァージョンが追加されました。
ラジオサービスは秋以降らしいので、
フリーストリーミングでお聞きになる場合は
英語ヴァージョンに切り替えていただくと良いかと思います。

--

新しい仕事環境も早3ヶ月。
いつも思うのが、3ヶ月で大体のペースが掴めるはず、
ということ。
今回もやっとここ最近、ペースが掴めて来たので
5月の頃に比べると格段に安定してきました。

安定するのは想定できていたけれど、
さすがに仕事でFUJIROCKに行く気にはなれなかったので
他の人に行ってもらいましたが
「一緒に行けばよかったかなぁ~」
なんてふと思う週末。
少し風邪っぽい。

--

そうそう、ジムオルーク+武満徹のCDを
上のフロアDir.が作っています。
楽しみに待っていたいと思います。

ルーデンス

本当に久しぶりに
芝生の上でねっころがったりして遊ぶ。

遊び
それは何よりも大切なこと。

--

最近の行動範囲について。
好きなようにやってはいるけれど
更に快い領域にいきたし。
すれば、見直し、思い描き、
手段・方法を導き、
行動しよう、と思う。

頭でこのような展開ができるけれども
なぜだか気が乗らない時もあり。

それならば、その原因は一体何なのか?

理性と直感の調整。

理解したいの 理解されたいの

久しぶりの連休は
友達の住む町に行ったり
友達が家に遊びに来たり。

一人は音楽友達で
一人は昔からの(仕事)友達。

それぞれに世界があって大変面白い。

--

創造性というのは
そこらじゅうに見出せるものであるけれど
音楽をやっているからといって
創造性があるとも限らず。
その逆もまたしかり。

私の友人はどちらも
それを携えているので
私がたまに不器用な言い回しで発言する
抽象的なことを理解してくれている、と思う。

--

日常において-

人を理解することは
なんて難しいことなんだ・・・
と、うなだれる局面もあれば
なんて楽しいことなんだろう!
と、心躍る瞬間もある。

そのどちらもわたくしにとっては
大切な私の時間。
大切なあなたの時間。

嗚呼

かねがねlast.fmを活用しつつ
ここでもご紹介しておりました。

この夏以降には、exciteで日本版がスタート、
なんても書きました。

しかし、、、

日本版がリリースされた時点で
今の自由なパーソナルラジオが利用できなくなり
日本側で許諾のとれた楽曲の中でしか
ラジオも作れない・・・!

そんなのどこぞのドメスティックサイトと一緒。

--

欧米ではインターネットのストリーミングは”放送”だから
日本に持ってくる時点でそれが”送信”になってしまう。
そうなると、色々面倒なライツクリアも必要になってくるから
仕方ないのは良く理解できるけど。。。

でも、ショック。

--

現行のユーザーからすると
相当魅力がなくなる。

クレームもきっと多いだろうな。。。

oTo

久しぶりに最近よく聴いているCDについて。

Prefuse73のS.Herren別名義ユニット
PIANO OVERLORD/”The Singles Collection 03-05 ”















ブレイクビーツものはあまり聴かないし、
Presfuseについても好きなトラックしか聴かない。
でも、好みのトラックは凄くいい。

Prefuseよりもこちらはもっと落ち着いているかな。
前半部分のピアノ色が色濃いところが好き。


--

そして随分前から「欲しいなぁ」と思いつつ
すっかりその存在を忘れていたのですが
偶然見つけたので購入。













SYSTEM/”System”1年以上前にISの友人から
「デンマークのユニットで、きっとミユキは気に入ると思うよ」
と薦められていたのですが、なかなか見つからなくて。滑らかで柔らかいエレクトロニカ。寝入り端にそっと聴きたい感じです。

ちょっとした葛藤

物事の本質を追うということは
時に難しく残酷な場合もある

情に流されることなく
情を知る

厳密な中庸の世界には
素晴らしくバランスされた気持ち良さがある

質量を感じない場所を探しゆきたい私は
質量を感じている際に立っている

時に難しく残酷な場所の通過によって
積み重ねられる
わたくしの肖像

その滑らかな習慣と瞬間

日々夏の暑さが増しゆきます

規則的な季節の移り変わり
時間の流れの中にある瞬く呼吸の気持ちよさ

--

多忙が続くからといって
蔑ろにできないことがある

日々の小さな刻変を
丁寧に意識する’習慣’

感性、感受性というのは
唐突なものでも
特別なものでもなく

どんな習慣を積み重ねているかによって
その感じる色彩やトーンが滲み出る

ですから
丁寧に、丁寧に。