Skip to main content

Posts

Showing posts from January, 2007

綾取り

紅い あやとり
ゆびにからまれ
じゆうじざいに
時模様

するり するりと
ながれ ながれて
あなたと わたし
夢模様

挫折禁止

去年の後半から徐々にゆったりペースになり
年末年始はたっぷりの自由時間

年が明けてからは
一気にフルスロットルな日々に・・・

ここ2,3ヶ月を超えれば
きっとまた自分が拡がると信じて

--

歌はライブ以降少し休んでましたが
練習再開。

今年はスポーツイヤーにしましたので
こちらも継続中。

仕事も加速度的に忙しいけど
色々と学習中。

それぞれのファクターを全開にしながら
心持はいつも爽やかに温かく
決して屈せず美しく
でもたまには自分に甘く
想像する範囲で-

美しき逆説

何物でもない
無私の自分こそが
本当の個性である。

そういう気持ちで
空を見上げる。

美しい。



美しき逆説

そうね、多分。

物の名前を覚えてゆくことで
君は世の中の誰にも通じる会話ができるようになる。
だけど、その言葉の意味を一体誰が決めるというの?

海、波、山、森
窓、鏡、机、椅子
白、赤、青、黄色

君にとってのこれらは
私と同じものだったのでしょうか・・・

私たちはそれぞれの瞬間の中で
物の名前を覚えてゆくことに忙しかった。
だから、その言葉の意味がズレてしまったというの?

単純、原始的なことが嬉しい瞬間

今年はスポーツもテーマ。
早速プールへ泳ぎに行ってみたり。

今となっては文化系ですが
元々スポーツ好きなんですね。
観戦はあまりしないけれど
自分でするのが好き。

水泳部時代には
早朝練習、午後練習、休日試合
みたいなこともありました。

泳ぎ終わった後は
おなかがペコペコになって
お米をあまり食さないこの私が
おかわりをしたのですね。
よくわからないけど
なんだかとても嬉しい気持ち。
そして心地よい疲労感。
単純なことがとても嬉しい。

しばらく水泳を続けてみたいと思います。

--

思考も感覚も健やかな身体あってこそ。
しばらく頭でっかちだったことも気になってました。
バランス良くどちらも伸びやかに。

決定的瞬間

新年あけましておめでとうございます
今年もどうぞよろしくお願いします

--

年末年始は家族や親戚と過ごしたりで
あっという間に。
生まれ土地での初詣も変わらずできましたし
本もゆっくりと読めておりますし
今日は海に行こうと思い立ち
「そういえば江ノ電に乗ったことないなぁ」
と、七里ガ浜へ。

























"決定的瞬間"
朝起きてから夜寝るまで
わたしたちの日々は
決定的瞬間の連続です。
何を感じて何を選択する?
その瞬間瞬間、
限りなくチャレンジな方向へ。
今年はそんな年にしたいのです。

ですからいつもとは違う選択だったり
ちょっと立ちはだかり感がある選択のような
でも、快く正当な選択肢を生むような自分でありたいし
その責任も全うする。
それがただ、素直で軽やかに展開できれば
とても気持ち良いと思います。