Skip to main content

Posts

Showing posts from February, 2006

alive externals

先週から続く忙しさと体調を
この週末で調整。

仕事が忙しいと精神的にタイトになりがちですが
私はそんな時
「音楽やっててよかった。。。」
と心から思う。

--

限られた時間の中で
更に上を目指したいと日々思うことが
私にとってのひとつの拠り所でもあるし
練習をしていると
他の何もかも意識から排除されて
快く遊べる世界がある。

遊び、といっても
常に面白可笑しいわけではなく
心、体、そう、感覚を駆使した
私にとって本当の意味での遊び空間。

とはいっても-
果て無き道を目指しているようなものなので
取り組む直前などは
案外身構えていたり
時に腰は重くなったり。

それでもその世界に入ると
色々な意味で漲る気持ちになる。

音楽だけではなく
毎日の基本的生活においても、
否、基本的生活でまず、
日々精進できるような努力の継続。

小さなわたしの
ささやかな生き様

雨だれの如く

様々な項目について
観察に次ぐ観察
熟考を重ねるも
夜、時が停まる意識
無意識

それでも観察は不断なく

雑多雑用の折り重なりを
整理する努力

その流れの中で
何かが結びつき
何かが落ちこぼれゆく

ホットハーブ

シノアドアの入浴剤を試してみた。
これは生薬がそのまま袋に入っているという
かなり漢方な入浴剤。

最初はその香りへの抵抗感があるものの
今までの愛用していたクナイプ剤 よりも遥かに効力がある
・・・気がする。

私は冷え性ではないけれど
そういう方にはかなりオススメ。

--

シノアドアはデザインが好きだけど
この入浴剤以外のアイテムは
結構「?」なところがあり。。。
でも、パッケージデザインの力を感じる。

やっぱりこれからはデザインの時代だよなぁ、
なんて思います。

我ながら・・・

Last.fm my weekly chartを追加しました。

ちなみに最近のラインナップは・・・

--

オウテカ
ボーズオブカナダ
ISAN
ニカコイ
MUM
kettel

--

ふぅ~ん。。。

光と影と空と工場

そう、深い理由で工場写真を撮ることになりました。

寒い中、人気の無い工場地帯へ赴くなんて
無論、私の日常にはありません。
ですから、なんだか不思議な感覚の一日。

工場・重工業・・・
私たちの徹底的な現実を作り上げている
そんな風景が
実はとても非日常的で
至って淡々とした現実の上
夢感覚は方々に拡がりゆく
その共存感の中にある
曖昧で微かなズレ
意識を戻そうとしたって
その魅惑のズレ空間に引っぱられゆく
それはそれは個人的な
ここではない
どこか違う場所へ

たまにはお買物内容など

今週は4枚のCDを購入。
そのうちの3枚がヒット★

--










Waltz for Debby / Bill Evans Trio

ジャズが嫌いで好きな安形君のオススメもあったし、
モニカ・ゼッタールンドのワルツフォーデビーも好きだったので
不安はなかったけれど、
”ジャズ”という世界に少々壁を感じてはいたので
その辺どうなんだろう? なんて思いもありつつ・・・
でも、"ビル・エヴァンスのピアノの音"というところでの響き具合が
私の'好き'の中に入っています。

--










cyberpank / erast

ロシアのエレクトロニカ、NIKAKOIが大好きだったので
NIKAKOI前の名義であるerastの作品が欲しいなぁ
とは思っていましたが、店頭で見ることがあまりなく
この日、偶然目にしたのでためらうことなく購入。
最新作があまり好みでなかったので、
逆に昔の作品に期待。
このアルバムは荒い勢いがあるけれど
ニカコイらしいメロディが生きていて
安心安心。

--











『ロバと王女』サウンドトラック / Michel Legrand

ミシェル・ルグランのサントラはドリーミーでファンタジックだし
何よりトキメキ感があるので大好き。
といっても、ルグランのサントラは大学時代によく聴いていた以来
最近はほとんどきいてなくて。
それでもこのジャケットをこの日目にして
直感的に購入を決定。
ゴージャスでポップで「いかにも!」な世界だけど
そのバランス具合が絶妙かもしれない。
今の私のメインストリームではないけれど
メインストリームを支える様々なセンス要因のひとつ、
であることには変わりはないのでしょう。