Skip to main content

Posts

Showing posts from August, 2007

センチメンタル★季節風

ふと、マルコスヴァーリの名盤”SAMBA '68”を聴いてみたり。 分かりやすくてポップな1枚。
このアルバムは、数年前、 私が暗く落ち込んでいた、 人生で最もついていない(と思い込んでいた)時期から 這い上がるときによく聴いていました。 なんだか心が丸くなって元気になる音だからね。
だから今でもこの盤を聴くと あの頃の感覚が少しよぎりますが それと同時に- あのような時間があったからこそ 現在があるわけで。
そんな前置きはさておき ナラレオン周辺の社会派なんてぶっ飛ばせ級の 素晴らしくポップな珠玉のメロディの数々。 ヴァーリの作品では最も好きな1枚です。
試聴サイト♪




キラキラにさよなら

週末はサルサレーベルのFANIAイベントや
アイスランド大使館でのAirWaves会、
ユーリカ! の録音の際にコーラスとして参加していただいた
Oh! Penelopeの辻さんのライブに行ったり・・・

--

10月に行われるレイキャビク市挙げての音楽祭であるAirWaves
アイスランド好きを称しておいて今回が初参戦。
今年こそは!と思い、1月頃から
「10月は長期休暇とらせていただきます」宣言活動を継続。
めでたく実行の運びと相成りました。
大使館では過去のAirWavesお宝映像なんかも見せていただき
更に参戦の意欲が漲ります★

特に、ヨハン・ヨハンソンの教会(Hallgrímskirkja)ライブ映像にちょっと感動。
彼はポップアバンギャルドな音楽もやりますが
弦楽での舞踏音楽のようなクラシカルな作曲もします。
耽美・狂気・陶酔の世界です。
彼の主宰するKitchen Motorsというアヴァンギャルドレーベルも
凄く面白い。
以前、もうひとりのKitchenMotors主宰者であるKiraKiraのKristen
のイベントを当地で見ましたが
夜ミサのような不思議~なイベント。
シガロスのメンバーが参加する当日名義発表のバンドも
きっと今年も出るはず♪

3日間のフェスですが、昼~夜~朝まで
レイキャビク市の5,6箇所でほぼ恒常的に
イベントがあります。
ですので、今回もまた自然ツアーはお預け・・・
寝る時間もなさそうなので
この夏の太陽充電された体力を
いかに10月まで維持するか、というのが
これからの課題になりそうです。

現地ガイドは私の音楽の好みも把握している
お友達で、やはりこのフェスに出演する
HipHop/Downtempo系のアルニ君にお願いし
段取りも万全v

--

辻さんにお会いするのは6年ぶりくらいかしら・・・
「コーラスは絶対辻さんがいい!」と
smallTALKとmissing fundamentalという曲の
コーラスで参加していただきました。

実は私が学生の頃に
”詩人の血”というバンドをやってらして
そのPVに出させていただいたのがきっかけでしたが
辻さんの声が大好きでお願いした、というわけです。

娘さんもライブで唄われていたのですが
声質が似ていて、とても素敵なコーラスワーク。
特に歌詞がライトなんだけど
心に染みる歌詞である、というのも
辻さんの音楽で好きな側面でもあります。
何よりも、辻さんの自由で温かな雰囲気に包ま…

静かな対話

最近、母校付近に行く用事があったので
ついでにキャンパス内を探索してみました。

何年ぶりだろう・・・

古い教会や校舎が
近代的な建物に一部変わっていたけれど
基本的にはずっとそのままの雰囲気。
懐かしい・・・

今すぐにでも学生にもどって
授業を受けられるんじゃないか、
という位の親近感をもって
あちこちと歩いてみました。

最も滞在時間が長かったであろう図書館。
宿題もワークショップもうたた寝も図書館。
とても大好きだった場所。
いつも悩んでいた時代の通い場所だったな。
淡々とした場所はいつでも同じ空気が流れるから
不安定な私にはそれがとても優しかった。

今は昔ほど不安定ではないけれど
時に不安にかられる場面もある。
人に伝えることができないくらい
どうしようもなく不安な時だってある。
そういう時は本を読んで別の世界に浸ることが多いから
本は私のひとつのレメディ。

だから感謝の気持ちで図書館を眺めてみる。

こういう瞬間がとても大好きです。

Universityは平等に、誰にでも、いつでも、いつまでも

週末は知人のお誕生会へ。
とても素敵な女性アーティスト。
彼女のそばにいくと癒される私です。

--

久しぶりに同年代~年上が集まる会でしたので
なんだかいつもよりも更にオープンマインドで
甘えさせて頂き、とても楽しいひと時でした。

子供の頃から年齢不詳系の自分なのですけれど
4歳のしっかり者の姪っ子が、
時々お姉さんのように感じることがあります。
これは本当にそうなので
その瞬間が過ぎると、不思議だなぁ、と
いつも思います。

なので、上も下もないんですけどね。

それでも、時間を重ねてきている年上の人からは
色々と教えていただくことが多いですし
そのご恩返しではないですけれど
私も次世代へ何か伝えることができますように
と、いうのが日々を送る上でのひとつの指針でもあります。

学生の頃に儒教、道教などの
東洋思想の本をよく読んでおりました。
その頃は、言葉を追う⇒頭に入れる⇒なんとなく判った気でいる
くらいでしたが、ここ数年で、どんな意味なのか、
どんな考え方なのか、など
やっと理解し始めた気がします。

人との交流は
かけがえのないひと時。
どんな人とでも。

真夏の夜の夢はガレージロック

暑さも一段落。

今年の極暑では、さすがに南国系体質の私も冷房を入れないと
という夜が続きましたので、冷房のない夜はよく眠れます。

--

あまり夢を見ない性質なのですが
ここ最近、ギターを弾いている夢をみました。
実際は弾けませんが、夢の中で
Blood Red ShoesのIts getting boring by the sea
を弾きまくってました。



なんだか最近はロックづいていると思いきや・・・秋に向けて、ジャズピアノを聴き始めているのでもあります★

サマソニいきました

サマソニ1日目。
暑い。到着する前から暑い。

さすがに11時からの
THE PIPETTES には間に合わず・・・
観たかったなぁ。

私の今回の目的はなんといっても
CSS ですから、とりあえずDANCEステージへ。
SHITDISCOが終わった後だった。。。残念。

次のBONDE DO ROLE もブラジルのバイレファンキ系
ということで楽しみにしてました。
さすがラテンのノリ。
ヴォーカルの女子がLOVEFOXXX並みに
弾けてて可愛かった。
でも、10列目くらいにいたので
結構大変でした。

そして!
DIGITALISMですよ。
ドイツっぽい音、VJ、そして王子。
大好きなMouseOnMarsのライブに比べると
(MOMのライブは本当に凄かった)
私的にはやや面白くない構成なのですが
観客のノリも相まって、前の方でモッシュされ通しでした。
危険。
でも楽しい。

すっかり疲れモードに入ったところで
待ちに待ったCSS♪
LOVEFOXXXの全身レオタードの2回脱皮が観れただけでも
楽しいもので。
しかしながら、、、
観客のみなさんが大変に乗っておられて
5列め位にいたのですが、モッシュ&ダイブの乱れ打ち状態。
さすがに身の危険を感じて20列めくらいに後ずさりました。
演奏はというと、期待通り下手でしたね~
ギターとキーボードの女の子たちはライブ中でも
普通におしゃべりとかしてるし。
そんなところが好きなんですけれど。
残念だったのは、Voの音量が小さかったことかな。
多分PAのバランスなんでしょうけれど
全体的にもっと音量大きめが希望。
まぁでも、LOVEFOXXXが可愛いからいっか。
なーんて思いながら
久しぶりに弾けることができて楽しかったです。

CSSのライブの2個あとにクラクソンズが控えているにもかかわらず
すっかり体力を消耗してしまったので
これで会場を後にしました。
全身の水分が全て入れ替わったくらい
今日はいい汗をかきました。

そして、なんだかよく分かりませんが
アメリカのファッションジャーナルサイトの取材に遭遇し
オシャレスナップを撮られました。
10代20代に私みたいなのが紛れていいのでしょうか?

--

次は10月のAIRWAVESへ参戦です。
やった!LALI PUNAも出る!
楽しみ~

サマソニ

先週末はアキコグレースのジャズピアノライブや
横浜の映像展などへ。
今週末はあの手この手を使って(?)
急遽サマソニに行けることになり。
どちらか1日だけ選べるので
1日めのガールズパンク、CSSか
2日めのエレメタル、ENTER SHIKARIか・・・
悩むところですが
1日めに行くことにしました。

--

ほとんどTVを観ないので知らなかったのですが
今日は『鷹の爪』というアニメを職場の人に教えてもらいました。



同じシリーズの「古墳ギャル」も気になる~