Skip to main content

Posts

Showing posts from August, 2005

残暑時に必要なもの

気がついた。

毎年残暑のころになると
親不知炎症がくることを。

親不知の周辺に炎症が起こり
酷い時は口を開けることも出来ないほど
腫れてしまう。

これは疲労による免疫力の低下によって引き起こされるらしい。

--

一昨日の夜、嫌な予感がして
朝起きたらやっぱり痛くなっていて
頬が少し腫れた。
その日はなんとなく痛い一日で、
夜帰宅する途中がマックスだった。

それでも自宅に戻り
やっとこさ、ご飯を食べたら
一気に痛みがひいた。

そういえばその2日間
あまり食べることなく過ごしていたので
それが良くなかったらしい。

--

自分の心身を常に健やかな状態に保つ、

知性。

残暑のとき

今日はとても久しぶりにお一人さま週末を味わう。

夏の私は心身共にパワーアップするので、
大体毎日外に出たり、人に会ったりと、活動的になる。
とはいえ、少し夏の疲れが出始めたのか、
はたまた秋の気配を感じ既に意気消沈気味なのか、
ダラダラするのはあまり好きではないけれど
今日という日は”思いっきりダラダラするぞ~!”
と決め込んだ。

--

部屋の中でぐったりしようと思ったものの、
「やっぱ掃除するか」
と、せっせと掃除に励む。

荒れた部屋は嫌い。
部屋の乱れは心の乱れ、というけれど
本当にそう感じる。
かといって、
整然すぎる空間は落ち着かないけれど、
程よく片付けられた、
且つ空気がきれいな感じの部屋が好きなので
大体磨き系に走る。

--

この部屋ともあと3ヶ月ほどでさようなら。
これから住む新しい街は
私にとってなじみの街だから
早く向こう側に戻って落ち着きたい。
基礎的生活は安定がいいに決まってるから。

安定した基盤の上に
方々へ拡がる空想世界

silence 2

涼しい音、もうひとつ。

ECMは、ほんの少ししか持ってないけれど
端正な響き。
リリカル&クラシカル。

piano+vibraphone


CRYSTAL SILENCE
gary burton/chick corea

silence 1

アイスランドのジャズで好きな1枚。
SAXとBASSのユニット。
音はまろやかに涼しく。

今は亡き omi jazzレーベルから。
日本では買えませんが、
アイスランドの大手CDショップ
skifanなら入手できます。


AFTER SILENCE
oskar guthojonsson og skuli sverrisson

周辺、歪みだらけだから浮き立つキレイな歪み

CDもライブ映像もかっこいい
マイスパレードがやってくる。

いつもエネルギッシュな友人Mさん情報によると
彼女がそのシークレットラウンジに関わるらしく。

10月頃ですって。

--

いつもは
「たゆたうような美しい」音楽が好き
と公言しておりますが
ドラマーがリーダーのバンドも好きのようです。

変拍子が好きだからかしら。
踊りにくい、エッジの効いた小気味いい感じ。

歪み-
’まっとう過ぎた’一見、
屈折としての印象。
知的な歪み。
美しい歪み感。
日常自己迷い込み感。
好き。

やっぱり夏が好き!

金曜日の昼間は、企画書やら遷移図作業で
暑さも手伝ってか、久しぶりに頭痛が・・・
その上、夜は夜で友人のライブWomb・・・
その後さすがにオールでPinkCowに行くのは止めました。

その後少々睡眠をとって、土曜日は早朝の新幹線で
一路長野へ。



のんびりできるかと思いきや、
既に姪っ子たちが到着していて
ちびっ子に人気な私は
一緒に弾けるも
土曜日の夜はさすがに体力が尽き
12時間ほど眠ってしまった。

あ~でも、山の中でちびっ子たちと遊んでいると
頭の中がキレイさっぱりする。

近くの町の花火大会見物をしたり
お墓参りがてら山道を登ってみたり
採れたての野菜を食べたり
蜂に追い回されてみたり

夏らしい夏を満喫★

サヨナラ

アイスランド留学生が帰国するというので
昨日は晩御飯を一緒に。

1年間頑張った甲斐があって、もう日本語はペラペラ。

「アイスランドに帰ったら、日本に来る前の自分のライフスタイル
とは違う時間を過ごそうと思う。」

と、何やら目を輝かせながら語る彼。
聞くと、今まではあまり将来のことなど考えてこなかったけれど
これからは将来のことをしっかりと考えながら、勉強や音楽や仕事・・・
自分と自分以外の周辺について
立ち位置を整理していきたい、という。

弟よ、大人になったのね。
ねぇさんは嬉しいわ。
でも、いつまでもそのピュアな人となりを
ずっと持ち続けて欲しい。

いまのわたし

生きる動機というものが
以前と今では異なっているなぁ、とふと思った。

--

大きく変化したのが確か4年前。
小さく変化したのは去年。

無意識のうちに変化を予感し、
無意識のうちに変化の直前に戸惑っていた、
という事実に気がついた。

今はあまり戸惑いがないので
多分’コレ’という変化を予知していないのであろう。

こういう自分の習性を知っておくことは
結構大切なのかもしれないな、
と思った。

心がざわめき始めたら
それはチャンスなのだ、と。

そう言葉で自分に伝えてあげることで
ざわめきが騒音ではなく
輝きの雫になるという。

--

そう、今の生きる動機は
このようなことを考え、
良いことと感じれば能動的に実行に移し、
悪いことと感じれば削除あるいは回避し、
キラメキとトキメキとヒラメキの時間を
流していきたいという欲求に基づくのだろう。

--

次に自分の変化が訪れるのはいつなのか。
どんな変化になるのか。
そこまではボンヤリ考えるけれど
その先は思うことなく
淡々と進むだけ。

全ては反映される故

自分に真剣な時は
夜の声。
冬の空。

心が夏の
現実。

そうすると
深々と微笑みたたえる音ができるのではないかと。

日常から音楽。
音楽から日常。

燦燦・白昼・夢工事

どうしようもなく照りつける太陽が好き。
一瞬、シーンとする白昼。
心臓の鼓動だけが聞える圧迫感。
次の瞬間、
現実の音が流れ出す開放感。