Skip to main content

Posts

Showing posts from March, 2007

今月の買い物②

前から気になっていたビバリーケニーを購入。
the bird and the bee のボーカルもそうですが
フレッシュ&チャーミング系のたおやかな歌声。
ウィスパーではないけれど、初々しくも落ち着いている
たおやかな声質と、メロディを丁寧に軽やかに唄う
”普通”な唄いまわし。
Pinky Winterという女性ジャズボーカリストがいるのですが
この辺のボーカル大好きです。

--














Mike Andrews
"HAND ON STRING"

ジャケ買いの1枚。
ディズニーランドのit's a small worldみたいなイメージ世界。
音の方は、アコースティックギターと控えめで柔らかい
スルスルしたエレクトロ音。
orange meet lemon とか、
hello lemon という曲が入っていますが
いわずもがな、檸檬万歳!

--













LYMBYC SYSTYM
"love your abuser"
エレクトロニカのキレイメで時に激しい音の洪水。
ドラムがきちんと入ってます。
マイスパレードほどは洗練されていませんが
割と好きなバランスでドラムが入っています。--

gui boratto
"chromophobia"
ブラジルのアーティストらしいです。「ブラジル人でKOMPAKTからリリースかぁ」
というとことろに興味惹かれて購入。
エレクトロミニマルだけど、なんでしょう、シューゲ系ギターも混在。
色々な要素が垣間見れるエレクトロミニマルな1枚。--今月はあまりはずさない感じのCD群が棚に入りました。

今月の買い物①

STEVE KUHN 
"TRANCE"

私の好きなECMの色香が全体的に流れて嬉しい1枚。
以前聴いたKuhnの静寂さはあまりなく、
でも、なんとなくまとまらない感じがするのは私だけかしら・・・

--














Nils Petter Molvær
"Solid Ether"


よく分からないけど、なんとなく購入。
ECMなのに、ドラムン(!)
静かは静かだけど、トランペットのせいかとても男性的。
知的なドラムンベースジャズ(?)面白い。

--


それで、↑のECMのCDを買ったら2007カタログを貰いました。














ECMのジャケットは本当に素敵素敵・・・

--













the bird and the bee
"the bird and the bee"

最初は確か、again & again をお洋服屋さんで聴いて
「なかなかフレッシュでいいな」
と思っていたら、ラジオから毎日のように流れ始め。
他の曲も聴きたいと思って購入。
エレポップだけど、世界はロック。
爽やかでかわいい。
ブルーノートのセカンドレーベルからリリースされているらしい。

1997年ごろによく聴いていた
ADVENTURE IN STEREOや
KOMEDA
などを思い出し、
引っ張り出して聴き返したりと
私にとっては一粒で二度おいしいキッカケをもった盤でした。


balanco my swinging time

精神的に忙しいのも今月まで。

・・・と思ってここまで参りましたが
金曜日あたりから時間がとれるようになり
週末はゆっくりと
本を読んだり
音楽を聴いたり
スポーツしたり。

--

久しぶりにゲーテを読む。
だめだなぁ。
こういう時間が持てないのはよくない!

このような時間をもつことができないということは
徹底的にフワフワできないということ。
【夢 VS 現実】
ここ1年ほどは現実が勝っているアンバランス。

--

American Apparelネットラジオ聞きながら
大納言小豆&キャラメルクランチアイスクリームを食べつつも
”自然と象徴”を読み返す

こういう時間が過ごせる幸せに感謝。

tone of beauty, for each

シンクロ大会でのデデューのソロがとても美しく。エレガントでしなやか、端正な色気。色気に勝るものはこの世にないです。音楽でいえば、端正且つ微細に揺れ動く適切な湿度を保ったジュリーロンドン。インティメントでインディペンデント。私が色気を感じるのはこういうところ。

ヨーロッパ菓子

私の大好きなドイツのお菓子
Toffifeeを近所のスーパーで発見!
少々割高でしたが購入。

ドイツに行ったときはこのToffifeeを大量に買って
いつでもどこでもToffifeeと一緒♪
1箱なんてすぐに食べてしまうほどにおいしい~のです。

ドイツのチョコといえばMilka
日本でもよく見かけますが、Toffifeeは初めての遭遇★

嬉しいような、嬉しくないような・・・
それも、よりによって近所の店にあるなんて・・・
小憎らしい出会いです。


--

アイスランドで出会ったsaltfiskar。










私は全くダメでしたが、人々は美味しそうに食べてました。
大変申し訳ないのですが、アイスランドのキャンディは
他にも「えーなんでー?!」というお味のものが
たくさんありました。

ユラリン、スーイ

最近のお気に入りは
温野菜を食べること。

ジムに野菜、
我ながらロハスです。

ただ、全体的なタイムラインは
ロハス路線ではない。
むしろ逆。

--

久しぶりにレイハラカミを立て続けに聴く。




大音量の中、目を瞑って身をゆだねたい。
一番遠くて一番近い世界を感じるの。

子供の頃、たっぷりの自由時間の中
空を見ながら
死んだらどこにゆくのだろう、と
とても怖くなりながらも
あの青い空に吸い込まれたいと思った
むかしむかしの私の記憶。
その遠くて近い感覚。

眼鏡と時計、そして着信音

最近、新しい眼鏡を調達。

いまどきに反して(?)
なんともいえないやや大きめの眼鏡。

きっと周りのみなさん(ファッション系除く)は
あまりの微妙な大きさに少し戸惑っていると思う。

確かにいいのか悪いのか・・・
絶妙なバランス

--

このバランス路線で
ゴールドの時計も調達。
こちらもなんともいえない大きさ。
シンプルなカシオの時計。

きっとこの時計と眼鏡を合わせると
人は安心するような気もします。

--

某レコードメーカーで働いておりますが
今月より世界名作劇場の配信をスタート。

今まではPeter Bjorn and JohnのYong Folks
を宣伝もかねて自分の着信音にしていましたが
春も陽気ですので あらいぐまラスカル に変更。

--

以上3点セットのバランスやいかに?!
こうして日々、檸檬爆弾を投げてやるのです。

すっかり春らしい週末。

3月なんですね。

そろそろ誕生日も来る頃です。
春の始まりに産んでくれてありがとう、
と毎年思います。

--

週末はなにかと忙しかったけれど
色々なことを考えました。

結論は見えているけれど
今に流されそうになっていたから
「自分の中心はここなんだ」
ということを改めて思い直す良い週末。

今日は随分と昔から食べに行っている
阿佐ヶ谷のピッキーヌへ、近所の友人と。
ああ、この辺はやっぱり落ち着きます。

--

筋の通っているようで、通っていない忙しさも
今月を乗り越えれば・・・
あと1ヶ月、キレイにかわしてゆけますように。