Skip to main content

Posts

Showing posts from June, 2005

ノキアは語る

昨日はアイスランド人の友達と会った。
もうすぐ帰国で、帰ると彼はまたIS大学に戻るらしい。
そこで日本の若者文化について発表する機会があるらしく
テーマを一緒に考えた結果
「携帯生活」
になりそうな感じに。

--

そこで面白い話をきいた。
同じ北欧のフィンランドでは、日本と同様、否、それ以上に
携帯メール文化が進んでいるらしい。
なぜフィンランドなのか?
そこにとても興味を覚えた。

どうやらフィンランド人は総じて「話す」行為があまり好きでないらしく、
フィンランド人の話す英語は確かにピッチのないフラットな話し方だ。

日本と同じ膠着語族だから?
寒いから?

アイスランド人の彼もその根拠は分からないらしいけれど、
なんとなく追ってみたい疑問点だなぁ~と思った。
そういう風に思う自分の発見も面白い。

--

まずはフィンランドにフィールドワークに行きたい。

旅行の神様は最近少しお休み気味みたいだけれど
そろそろまた舞い降りてくれないかしら。

曲名を考えるのは結構楽しい

この週末は、以前作っていた微妙ーな音源たちを整理。
何曲かあるけれど、全て題名もなく放りっぱなしだったので
まずは日本語の曲名をつけた。

--

歌についてはfarbというグループで継続しつつも
自分がやりたい歌の方向をより明確に表現させるために
全く個人的な音源作り作業というものが
その一助になるような気がしてならなく
まずはその環境作りと思い
愛用のSC-88後継機「SC-8850」をネットで安く手に入れることにした。
もう少ししたら、もうひとつ何か揃えたいなぁ。

--

サウンドキャンバスシリーズは既に生産停止らしく
少々残念。
PC内で簡潔するソフト版でもいいかなぁ~と思ったものの
やっぱりモノの方が何かといいでしょう。

--

自分のできる範囲で、自分のできるスピードで
本当に気負いなくやり続けられれば
それが幸せなのかもしれない。

付録

マイスパレードのライブ映像が見たくて久々に購入。
HIMやFLECKFUMIEの映像も入っていましたが、
やっぱりマイスパレード(MUMのVoかわいい)が好き。

2400円(税抜)で、CD3枚付なのはお得。
これでやっていけてるのが凄い。

適材適所

昔はよく人に何かを紹介してもらうことが多かったけれども
このところ人に何かを紹介してあげられることが多くあり
今頃に、頂いた恩を返しているのかなぁ~、と思う。

今日の出物は大変素晴らしく、
嗚呼、私が頂きたいくらいのお話しでしたけれども、
適材適所が一番美しい。

--

今日は少し嬉しいことがあり、
それは素敵な花器とお皿が届いたということ。
私はすっかり忘れてしまっていたけれども、
そうだ、何がしかのプレゼントキャンペーンに当選していたという。
これらの適所となりますよう、
部屋の掃除の励みになりました。

瞬間的、今日のとめられない気持ち

最近、インド石鹸を手に入れたいと思い始め・・・
3年くらい前から、ボディソープとか普通の洗顔料の使用を止めて石鹸に変えてからというもの、
確実に肌が健康的になりました。

めだか石鹸/牛乳石鹸/オリーヴ系エジプト・地中海石鹸/ねば塾シリーズ/
シャボン玉石鹸/ロータス系石鹸/マークス&ウェブシリーズ/
アイスランドブルーラグーン石鹸/その他色々・・・
ノンブランド系のものを含めて、もはや記憶にないものも数多くあるのですが、
これから石鹸にしてみよう、
という人にはとりあえず「牛乳石鹸(青箱)」あたりをお勧めします。
どこでも買えるしいわゆるシャボンの香りもするし至ってニュートラルな使い心地なので。

--

今注目しているのがインド石鹸。
色も香りも毒々しい、らしい。



けど、すごく使ってみたい。
きっと強烈すぎて、すぐにお蔵入りになりそうな予感もするけど、

使ってみたい~

--

そんなものです。

嬉連嬉

つい先日、腕を骨折した私の父。
なんとなく表情が重いので

「一緒に床屋さんに行こうか」

実家の近所にある、昔からある床屋さん。
小学校のときの同級生のご両親が
今もってやっている、
小さな床屋さん。

店内はちょっとしたレトロな雰囲気で
寡黙なご夫婦がお出迎え。
BGMはなぜか王道のハワイアンで
かなりイケてるかも。

床屋さんに入るのなんて
ほとんど初めて。

白髪が混じる父の髪が
シャキっとカットされていく。
気持ちよく洗髪され、
髭剃り前のアワアワブラシが面白く。
ご夫婦は無駄口も聞かず、
淡々とそれぞれの役割をこなして。

1時間もしないうちに
リフレッシュした父が完成。

表情もパっと明るく
発言もお茶目になった。

「わ~かっこよくなったね!また一緒に来ようね」
「これでまたもてるかな~?次もね、そうだね」

私がこの日一番嬉しかったのは
床屋さんから二人で帰ったら
皆なんだか嬉しそうだったこと。

美しい魚

解き放たれた魚は美しいの。
さらに美しく全うな道を泳いでいくの。

過去も現在も優雅に流して
軽やかに
美しい水を目指す。

美しい水を
あなたは追っていますでしょうか。

なんとなく今日は

ぼんやりした太陽が私を現実に連れ戻すとき。
湯を沸かすコンロの火をつけるとき。
玄関に鎮座する小さな水晶をなでるとき。
傘を閉じてビルの中に吸い込まれるとき。
今日の雑事を鞄の中に詰め込むとき。
部屋の明かりが灯っていないと確認するとき。
温かいチョコレートが一口甘いと感じるとき。
読みかけの本を閉じるとき。
きらめく月の光が私を幻想へ連れて行く手前で。

わたしには
あなたを想う瞬間を
日常の刹那に感じる能力があるようです。
わたしの大事な大事な一部分でしかありえないのに
わたしの毎秒毎秒を
確かに流してくれるのです。

--

私の書く詞は男性的だと言われることが往々にしてあります。
でも、全くもって私は女性ですし。
ですから、いつもの回路とは違う回路で。
こういう方向性は後にも先にもVASTという曲だけにしか
与えることはなかったので言葉にするのは難しい。
作品にはこのようなものは書くつもりは今のところないので
ここに記録してみました。

rainy nuance comes into my breath

雨の降る日は歌うのにいいのかな。

今日は梅雨らしい雨の日。
なんとか身の周りにある曇をひとつひとつ取り除いたり
磨いてみたりしていたら
歌にも身が入るというもので。

もうすぐ仮歌録音の予定なので
練習しなくっちゃなのですが、
なんとなく今日は調子がいい。
集中してそれが形にスっとなるのが早い。
気持ち良い。
楽しい。

少しずつ
確実に
形にする

道をつくる

ここ数日、これからの自分の道を探求。
考えたり、悩んだり、一時横に置いたり戻したり。。。
ひとつひとつ点検していくと
段々とそれが一筋の道になっていくようで。

時に信頼できる人に相談してみたり
家族と対話してみたりする中で、
アドバイスをもらったり、ただ話しをきいてくれたりする
温かさに触れて勇気が出るものなんですね。

本当に私は人に恵まれているなぁ~
と思うと、それだけで実はOKなんじゃないかな、
なんても思う。
そう感じることで、今日という一日が
悩めるものからかけがえのない日にパッと変わっていく。

結局のところ
自分だけが自分を自分の行きたい方向へ導くのかもしれない。
そのためにはまるっきり自分だけじゃそれが難しいことも感じる。

どうもありがとう。

sleeping beauty 

・・・なんて自分で言ったりして。

今日は久しぶりの10時間睡眠。
それでもまだ寝たりないようで。
陰鬱の気候になると、いつも眠い。

--

rei harakami の新譜"lust” はやっぱりいい感じ。
4年前の”思い出”よりも安定感を覚える。
自身の歌も聴けるし、何より私の好きなパターンを
踏襲し続けてくれる。
まだあまり聴き込んでいないからだろうけど、第一印象では
思い出の勝ち。

それで、なぜだか良く分からないけど、
art lindsey の”salt” も一緒に買っていた。
AORだなぁ~。
聴いていて思ったのが、パスタカスのちょっとした歌メロ回し
と結構似ていて。
そういうところが私の好きな感じなんだろうなぁ。

あ~また眠くなってきた。
眠た~い声が好き。

6月は雨の季節

6月に入ってから新しい環境を迎えることになり、
毎日が少し不安定リズム。
制約の中での自由を
一刻も早く得られますように。

--

久しぶりにゴーヤチャンプルーを作ってみたら
殊のほか大成功。
苦瓜は塩水に30分ほどつけておくと
とても美味しく食べられます。

--

好き