Skip to main content

Posts

Showing posts from April, 2007

ヤーコン

ヤーコンという野菜があるのですがご存知でしょうか。
山芋のような、サクサクして甘~い野菜。
近所のおそばやさんで、ヤーコンの天ぷらが食べられるのですが 今日はヤーコンの種芋をもらったので早速植えてみました。







4月に植えると10月頃が収穫になるらしい。。。 しかし、ちゃんと育つものなのでしょうか。
--
このカランコエと千両は今年で2年目。 カランコエは花が枯れたときに「もうだめかなぁ」と思ってましたが 多肉植物 故なのか、葉の部分はずっと水水しかったので 放っておいたら、冬に咲きました。 千両も冬に実がついて、初夏には実が落ちてしまいます。 確か、夏の終わり頃に白い花が咲いたと思ったら そこから紅い実がなって、とても嬉しく感じた記憶があります。 -- ヤーコンもこの子たちのように 季節をめぐれると良いのですけれど。。。

ヒルトン東京

今日は早起きしたので 久しぶりにホテルの朝食を食べに行こうと思い新宿へ。












新宿からヒルトンへはお迎えバスが出ていますが 今日はとっても天気が良かったので 都庁付近を散歩しながら。
早朝でもありましたが、連休中なので車がいなくて スッキリした印象。 パークハイアットかセンチュリーハイアットかヒルトンにするか迷いましたが
パークハイアットは雰囲気が堅くて得意じゃないし センチュリーハイアットはなんだか混雑していたのでヒルトンにしました。
--

ヒルトン東京 『1F マーブルラウンジ』 7:00am--10:30am
◆朝食ブッフェ ¥3,360 ◆デニッシュ、サラダ、チーズ6種、ジュース(8種類位)、ハム、ベーコン、ソーセージ、ハッシュドブラウン、白身魚のグリル、パンケーキ、ワッフル、フルーツ、ヨーグルト、San Benedetto (炭酸), etc...

このほかにも和食がありました。 うーむ。結構な量です。 写真ではあまりお皿にのってませんが大体1品ずつは食べました(!) 中でもワッフル&メープルシロップが美味しかった★ 普段の朝食は、バナナヨーグルトジュースとシリアル位の 簡単な献立ですし、夜はできるだけ自宅でシンプルな 蒸し野菜とか和食なので、たまにホテル朝食するのが 私のささやかな贅沢です。

有言実行せよ

airwaveからDMがきた。

今年こそ、今年の秋こそ
アイスランドへ再訪したい!

今年のAIRWAVEは
ライブが殊更に良いmumも出るし。
GUSGUSebergMugisonも。
ありゃ~UKからblock partyも出るんだ。
結構豪華!
これでSigar ros なんかも出てくれるといいのだけれど。

・・・って、もう何年も言い続けている。

--

有言実行。
まずは日常的にできるところから。

鳥と蜂

the bird & the bee の初来日ショーケースライブ@青山CAYへ行く。



凄い人がいて、あまり見えなかったのが残念でしたが
とても良かったです。
イラナの声質も好きですが、歌い方というか、音の余韻の残し方と
言葉のノリの調合が気持ちよくて。
ちなみにFUJIROCKに来るみたいです。

ルナ・ソル

今日はお昼に職場を抜けて昔の仕事仲間に会う。
ちょっと元気がない自分に活力を与えてくれる存在。
Mさん。
なんとなく「会いたいなー」と感じると
どちらともなく連絡が入るような関係。
今日もまたMさんからたくさん元気を頂いた。
太陽と月
みたいな感じで、私が元気が無いときにはMさんの力をもらい
Mさんが混沌としているときは、私と話すと心が整理されて落ち着くらしい。

--

趣味志向は全く違うし
たまにしか会わないし
会ってもそれぞれ別に特別なことはしないけれど
そのままでいることで
お互いに良い作用を影響させるようです。
「バランスなんだなー」
と改めて思う
少し肌寒い春の表参道でした。

贋作の捏造SHOW

先週になりますが・・・
すんごく、すごーく楽しみにしていた
捏造と贋作の”贋作の捏造SHOW”を観に行きました。

もう大変素晴らしくて
仕事がら色々なライブを観に行きますが
こんなに知的で乱雑な楽しめるライブはないでしょう!

--

私がもうかれこれ20年は敬愛してやまない上野耕路さんの、
バンド 『捏造と贋作』


"The Lightest Touch"
捏造と贋作

この1曲目をライブで体感できただけでも幸せというもの。

”The Aquatic Man ”(水棲人)は
怪傑(?)イラストレータ/作詞家 太田蛍一さんのアルバム『人外大魔境』から。




--

"Polarity Integration"
捏造と贋作

よりドリーミーでファンタジックな2作目。色々な要素が絡み合っているのですが、メロディが覚えやすくてクセになります。

"Mazurka" このメロディが頭の中から離れません。
"La vie urbaine" 心置きなくロマンチックな感じ




--

日本にもこういうバンドがいるなんて嬉しいですね。
大人のエンターテイメントだけど、
子供も楽しめるな、きっと。
この世界観、大好き★

妖しい怪しいハーモニー

今日は本業と副業について考えました。
私にとって何が本業か副業かなんて
本当のところは
「楽しく生きる」だけなんですが。

社会的には本業は「ネット系の仕事」
副業は「音楽、もしくは自由活動」ということにしてある。















こうして考えてみますと
社会的に本業と位置づけされている領域での私は
GOOD GIRLだな。
ただ、このような領域で生きられるのも
副業世界があるからこそ。

もうこうして何年も二つの世界を行き交いしていると
どちらか一方が無くなるとバランスがとれなくなってしまうような。

二つの世界を覘きながら
真ん中にあるセンスは常に鋭敏にしておきたい。

何も残らないかもしれないけれど
そこには私の幻想と現実があるという確信だけはもっている。

そもそも何かを残そうだなんて
そういう考えがあると息が詰まるのか?

うーん、なんだか今日は少しヤケッパチなムードが
私の中をグルグルしています。

sincerely

悲しくて悲しくて悲しくて
だから美しいことへ焦点を合わせるの。
焦点は合っても悲しみは消えることなくここにずっと。