Skip to main content

Posts

Showing posts from January, 2006

今日も良き日

1ヶ月以上待たされた甲斐がありました。

ルーマニアのヴァイオリニスト ”ジョルジュ・エネスコ
『ベートーヴェン ヴァイオリンソナタ第9』
のCDが到着。

クラシックはほとんど作曲家別で購入しますが、
以前聴いたエネスコの音色にはっとさせられて。
いわゆる演奏家で選ぶ、
という正統法を私に教えてくれたクラシック演奏家。

ベーラ・バルトークというハンガリーの作曲家も好きなのですが
いわゆるハンガリーやルーマニアのマイナー調の
美しくも鋭利な変わった響きが私の好みの一つ。

--

夕方、友人来宅。
福岡の柚子胡椒を頂く。
今回は手作りのとても新鮮なもの。
素晴らしく美味しくて。
もう、市販の瓶詰めは食べられない不幸に見舞われそうです・・・

軽やかさ、そして優しい歪みを生む微細なフック

今日、farbの安形君に会ったときに
「出来る限り軽やかな音が好きです」
ということを私は言いました。

しかし、自分でそう言いながら心のどこかで
(確かにそうなんだけど、ん~・・・)
と少し、ひっかかっていましたので
家に戻って色々と自分の発言に対して
考えを反芻してみました。

--

「嗚呼、そうだ。軽やかな音の中にも
たった今、自分が凝視するこの’瞬間’にひっかかる
微細で美しいフックを感じる、そんな音がすきなんだな」

--

との思いに突き当たり。
このフックなるものは少々の突起物であり
しかしながら’それ’による時間や空間の停滞や濁りは全くなく
むしろきれいに瞬間を感じられるきっかけのようなもの。
でも、それはやはり少々の突起物であるので
優しい歪みを感じることもできるものかな、と。

そんな風に、なんとなく心にとどまる感覚を
言葉にして追ってみることで
更にまた私の音楽旅行は楽しさを増してゆきます。

日常は夢心地で

気持ちよい夢心地は
必ず現実の上に成り立つ。

だから、
どんな日常を送っている人にも
チャンスは平等にある。

どんな些細なことにも
美学をもつと
どんな些細なことでも
どんどん拡がりゆく。。。

その継続、そして拡大、前進。
それが今日の私の一日であったと
振り返ることのできる
静かな現実。
快い夢心地。

文脈旅行

『若きヴェルテルの悩み』は先週末、一気に読了。
名作と言われる所以がよく解りました。
多分、原語で読むと更に本質に触れることができるのでしょう。
私にとっては、ゲーテの自然への洞察、想い、などが
細かい部分ですけれども、非常に印象的でした。

--

引き続き『ゲーテとの対話』を読み始めました。
エッカーマンという人物によるゲーテとの対話(編集)はとても素晴らしく、
この本には私のキラメキが散りばめられているような。
ゆっくり、ゆっくりと読み進めて行きたい本。

--

と、同時に三島由紀夫を。
三島作品は以前にほとんど読んでいたけれども
葉隠入門』は読んでいなかったな、と
なぜか『ゲーテとの対話』を読み進める途中で
ふっ、と思い・・・

シンクロニシテイなのでしょうか。
葉隠入門に
「エッカーマンとの対話のように・・・」
という一文が書かれてありました。

ここでいうエッカーマンとの対話は
『ゲーテとの対話』と同一書物だと確信しておりますが
何か不思議な引き合わせを感じました。

--

こんなシンクロを感じながら
私のアンテナは
ふっ、と中国に飛びそうな。
そんな予感です。

英知

1週間以上も腫れていた親知らず。
今日になってやっと頬の腫れもひき
薬なしでも平気になった。。。

侮るなかれ、です。

その間、せっせと抗生剤やらなんやらを飲んでいたお陰なのか
周りが一斉に高熱の風邪で倒れていても
とりあえず私だけは平気だった。

そのせいもあって
人の分まで働いてしまった。
「こっちだって満身創痍だよ」
とふと思うけれど
こういう立場の方が気が楽かもしれない。。。

--

そういえば週末に友達が家に遊びに来た。
やたら風水に詳しく
「あ、PCは北西ね。とりあえずOK。」
「あーダメダメ。玄関に靴は1足のみ置いてあとは片付けて」
「今年の色は紫とゴールドだから云々・・・」
など、風水コンサルを受けた。

風水はよく解らないけれど
先人の英知の積み重ねには何かしら意味はあるだろうと思い
素直に指示通り修正。

そういえば風水というのは
老子の教えから多大な影響を受けているということだし
老子の言ってることは
私の感じる本質なので
三段論法でいけば
風水に従うことは
私の自然の流れなのだろうか・・・

DIE LEIDEN DES JUNGEN WERTHERS

非常~にゆっくりペースですが
ゲーテのエッセイを読んで
自分の感じることを書き留めて・・・

ということを一日の終わりにポツポツと続けておりますが
今日はとうとう小説
「若きヴェルテルの悩み」
を読み始めることに。

普通は読みやすい小説からなんでしょうけれど
まずはゲーテだったらゲーテの
明快な核心に触れたところで小説を読むと、
多分、小説から読み始めるよりも
私の場合は小説を楽しむことができるのです。
きっと。

--

今週は再び親不知が暴れだし
いつもよりも痛みや腫れが酷いのもあって
炎症が引いたら最後の対決をすることに決めました。

何事もすっきりと。

小金井の白昼

小金井公園の「たてもの園」へ行ってきました。

安形君のブログに、はっ・・・近影が・・・
(ちなみに安形君のブログではきちんとfarbの状況が公示されます。 )

farbの音自体は和風ではないのですが
番長の安形君はかなり和風な雰囲気をおもちの方で
なぜ洋服を着用しているのか不思議なくらいです。
凛々しい姿をぜひ見てみてください。

--

私的に印象深かったのが
たてもの園の帰りにバスを逃して
寒い中40分ほど小金井の住宅街を歩いたことです。

もちろん、たてもの園の中のレトロな和洋折衷な建築物や
インテリアについての印象も深いのですが
まったくもって日常的な住宅街と
非日常的なシチュエーション
(=寒い中40分も歩く、見覚えのない路地・・・)
のクロスオーヴァー。

--

昨年は地道に曲創りを重ねて参りましたが
今年もペースは引き続きマイペースながらも
アウトプットをきちんと形にしてゆきたく。

とはいえ、スタートアップ時特有の
多少ぼやけた輪郭線をもう少し整理しながら
更に洗練させたいです。

誠意誠実日々是精進

最初は「3ヶ月もてばいいかなー」なんて思いつつ、
1999年7月からスタートしたeureka! journalから
この日記も6年めなんですね。

案外継続力ある、私。

--

年末年始は規則正しくまったりした休暇を。

ここ数年、お正月といえば裁縫手芸というのが通例だったのですが
近しい人のお年賀の挨拶に今年はお菓子を焼いた。







これは去年のクリスマスにFLのるみちゃんが
スフレを焼いてくれたことで
「おお!私もやってみよう!」と、触発されたのがきっかけ。

--

友人宅へ遊びに行き
ふくろうに会った。












ふくろうは基本的に一箇所にずぅーっと止まっている。
そして孤独が好きらしく
人が近寄ると緊張して体が細くなる。
最初の1時間ほどは私も興味深々で
ふくろうのことをかなり意識していたけれど
そのうちすっかりふくろうのことなど忘れて
友達と話しをしていた。
その頃には緊張もなくなっていたようで
体もふっくらとリラックスしていた。

ふくろうの鳴き声は結構かわいい。
大体フェードインで始まり
終わりはフェードアウトもしくはカットアウト。

「ピヨー、ピヨー、ピヨー、ピヨー、ピヨー、ピヨー」

--

さてさて、今年はどんなことに出会うのかなぁ。
美しき心のミーム、
伝達・反応・影響し
平穏平和を拡大。
更に煌めきの方向へ。



a happy new year for all

日常に爽やかな檸檬爆弾を投げ込め! 今年もどうぞよろしく-★